初心者必見!スティックの持ち方

スティックの持ち方

初心者の方の一番の問題、スティックの持ち方について解説していきます。

スティックの持ち方、最初は全く分からないですよね。自分の握り方が合っているのか不安だと思います。そんな人向けの記事になっております。

それでは見ていきましょう。

目次

スティックの持ち方

1 脱力する

2 スティックの三分の一を人差し指、親指のみで握る

3 残りの指を添える

たったこれだけです。

それでは写真付きで詳しく説明します。

1 脱力する

脱力

最重要項目です。

とにかく力を抜いてください。こんな感じ。

肩 腕 手首 全ての力を抜いて下さい。

脱力をおろそかにしてはいけません。

簡単のように思えますが脱力をずっと維持するのはとても難しいです。

この脱力の意識をスティックを持っている間ずっと持っていて。

詳しくは別の記事で書いていますのでそちらを参考に。

2 スティックの3分の1を人差し指、親指のみで握る

握り

ここで大事なのは人差し指と親指で握るというよりは支えるという感覚。

握るというほど力を入れず支えてあげましょう。

引っ張ったらスティックが抜けるくらいの力です。

握る位置はドラマーによっては端のほうを持つ人もいますが

まずは3分の1にしましょう。一番リバウンドがとりやすい位置です。

3 残りの指を添える。

最後の仕上げ 添えるだけ。

力を入れてはいけません。

人差し指と親指以外はスティックを受け止めるだけ。

別の角度で

4 あとはリバウンドを意識するのみ

これはスティックの持ち方ではありませんがとても大切です。

リバウンドとは跳ね返りのことで

リバウンドを意識するというのは

スティックが打面に跳ね返される力を意識するということ。

跳ね返りを意識する。ここ重要!

まとめ

スティックの持ち方

1 脱力する

2 スティックの三分の一を人差し指、親指のみで握る

3 残りの指を添える

4 あとはリバウンドを意識するのみ

以上です。

少しでもこの記事が役に立てたら嬉しいです。

スティックの持ち方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブログとドラムが大好き

コメント

コメントする

目次
閉じる